ColorFullWeb

カラーがフルな情報配信ブログ。Web関係多め。

【Redmine】WebデザイナーがRedmineをWindows7に入れてみた【1時間で環境構築できた】

time 2013/04/09

 

redmine_logo_v1

 

こんにちわ。@i_saku39です。
前回の記事で、カウント系の処理とかスライドの基本動作まとめるとかいってましたが、

最近Redmineを自分のローカルに入れてみたのでをの時の入れ方を備忘録ります。
【1時間で環境構築できた】というのは2回目のチャレンジ時です。タイトル詐欺ではないはず!w

【材料をそろえる】

 

【材料の下処理】

1.Redmineは材料(Ruby,Gems,Railsなど)のバージョンがすごく関係してきます。「最新バージョンだから大丈夫」というわけにはいかないので、ちゃんと公式を読んでおきましょう。(先輩のPGはRailsの要因が大きいって言ってましたけど)

 

 

【材料を組み合わせていく】

Redmineのインストールに従ってインストールします。

この作業中のトラブルは下に記述。

 

 

【トラぶった点】

 

redmine_logo_v1

 

記事にするにあたって、始めに作成した環境を削除して再度、ローカル環境にRedmineを入れてみました。(最初はあっちこっちいじってしまい構築手順としてはダメダメでしたので)
以下はその時に出たエラーなどです。

 

 

【トラブル①】rake generate_secret_token(秘密の鍵部分)

秘密の鍵が必要らしく、

rake generate_secret_token

上記のコマンドを実行したのですが、
エラーが出ました。(足りないgemがありました。)

bundle install --without development test

ではなく、

bundle install --without development test rmagick 避けたいgemはここに書く

これで、gemをよけてインストールする必要もケースとしてあるようです。
これはコマンドプロンプトに出る状況に応じて変えて実行するとよいみたいです。

 

 

【トラブル②】rakeコマンド(データベース上にテーブルを作成する)

 

RAILS_ENV=production rake db:migrate

上記が実行できませんでしたので参考ページに習い、

rake db:migrate RAILS_ENV=production

としたら実行できました。(初心者の自分は、ここの実行がすごくテンションあがりました。)

 

 

【トラブル③】秘密の鍵を生成する

rake generate_secret_token

は実行結果みたいなのが出てきませんからすごい不安になりましたwそれだけw

 

 

まとめ

結果・・・

スゲーめんどくせぇ笑

ただものすごく勉強になりました。
今は管理項目とかテーマとかプラグインとか色々いじっています。
実践で使えるレベルに使いこなせるように頑張ります。

もう少し詳しく説明したほうがいいとことかあったらTwitterで連絡ください。
自分は今回Redmineに触れたことでサーバー関係の方に興味が出てきました。
そんな副産物もありましたのでWebデザイナーの皆さん、チャレンジしてみてもよいのではないでしょうか。
では!ノシ

追記@2013/04/11
他のPCにRedmineを入れたところその環境ではhttp://localhost:3000/でアクセスできなかったので応急処置として、
/config/database.ymlのhost: localhosthost: 127.0.0.1に変更しました。(参考記事:http://yohshiy.blog.fc2.com/blog-entry-123.html)

down

コメントする