ColorFullWeb

カラーがフルな情報配信ブログ。Web関係多め。

【プログラマーに向けるデザインのススメ】(1)使っちゃいけない色がある

time 2013/03/05

記事の概要

プログラマーの皆さんこんにちわ。@i_saku39です。
この記事は「デザインにかける予算がない!」とお困りのプログラマー、エンジニアさんのための記事です。
「これだけはやっちゃダメ」ってことを何回かに分けてイロイロ書いていこうかと思ってます。

ただ、大規模なものはデザイナーを雇ってくだしあ。下手に自分でやらないほうがいいと思います。@i_saku39は失敗を散々見てきましたのでオススメしません。

使ってはいけない色がある

さて、いよいよ本題です。
結論から言うと使ってはいけないのは「原色」系です。
Windowsに入っている「ペイント」で言うと赤丸で囲ってある部分の色です。
130305-2_mini
特に背景色で使うと、目も当てられない管理画面などが出来上がりますので是非お試し下さい。
(もちろん@i_saku39は責任を負いません。勝手にやってください笑)

なぜ、使ってはいけないか

以下では「なぜ」を説明するだけですので興味のない方は飛ばしてください。
使ってはいけない理由はただ一つ、

「自然界にほぼ存在しない色だから」

存在しないというのは少し語弊があるかもしれませんが大雑把に言うとそういうことです。
(ここを説明するとものすごく長くなってしまうので記事の反響がもしあったら別記事で描こうと思います。)

「自然界にほぼ存在しない色」は「違和感」につながります。

gensyoku_mini

それらは、人間がwebページを見たときに行う、

見る→テキストの内容を脳に届ける→理解する

という処理を

見る→原色の違和感に無意識下で目が行く→原色の中からテキストを見つける→テキストの内容を脳に届ける→理解する

という処理に変えてしまいます。

文章にしてもこんなに長くなるんですね。。。
これはやはり、ベストとは言えないでしょう。
これを逆手に取ったデザインもできますが、
通常プログラマー、エンジニアさんが触れる機会は極稀だと思います。
ですので今回は「使ってはいけない」と名づけてみました。
わかりにくいところがあったらツイッターなどで教えていただけると幸いです☆

down

コメントする